真言宗 豊山派

東光山 清水寺

Seven Lucky Gods

佐渡七福神

Introduction

佐渡七福神 (寿老人)大画像筆者

馬越喜孝画伯は名古屋城、知恩院、東大寺等各地に不朽の名筆を残され、昭和四十四年に日本歴代天皇御尊像画を完成されたことはあまりにも有名である。
神奈川県裏がのご出身で昭和廿五年には全日本肖像美術協会の設立に奔走した。同廿八年協会の信望あつく初代総裁に推され現在にいたっている。
昭和五十一年比叡山より「法眼」の称号を授与されている。現代日本における肖像美術界の俊才であるとともに元勲である。
佐渡七福神 (寿老人)大画像は、本堂内にございます。